なぜ天才にゲイが多いのか

引用元:【話題】 あの著名なミュージシャン、作家、画家・・・なぜ天才にゲイが多いのか
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1328744016/
1 :影の大門軍団φ ★ 2012/02/09(木) 08:33:36.51 ID:???0

ユダヤ人ピアニスト、ホロヴィッツは言った。「この世には3種類のピアニストがいる。
ユダヤとゲイと下手くそだ」と。音楽に限らず芸術分野で活躍するゲイは多い。
いったいなぜなのか、探究した。

『ドリアン・グレイの肖像』で知られる詩人ドリアン・グレイの肖像は1895年、
自らが男色の罪で告訴されている法廷で、〝ある言葉〟の意味を検事に問われ、こう説明した。

〈それは年嵩の者が年若き者に寄せる偉大なる愛の別称なのであります。プラトンの哲学の基礎であり、
ミケランジェロやシェイクスピアのソネットにも見いだされるものであります。深く精神的な愛にして、
純粋かつ完全である。シェイクスピアにせよミケランジェロにせよ、偉大な芸術作品の決め手となったのはこの愛であり、
作品のすみずみにまで息づいております〉(『ゲイ文化の主役たち』(青土社)より)

このワイルドが糾弾の場でさえ褒め称え、「芸術作品の決め手」とまで言い切った〝ある言葉〟とは、同性愛のことであった。

ソクラテス、レオナルド・ダ・ヴィンチ、トルーマン・カポーティ、アンディ・ウォーホル、エルトン・ジョン—
これら歴史に名を残している天才たちは、ゲイだと言われている。日本にもミュージシャンや作家や画家などの中に多数いる。

ゲイを含む同性愛者の割合については、人口の1~2%、あるいは4%ともされる。
だが、いずれにしても数%程度の少数派である。それにしては、傑出した才能を持った人があまりに多く、
そしてある分野に偏在しているように思える。

たとえば音楽家である。

「作曲家で指揮者としても知られるレナード・バーンスタインは、〝アメリカのクラシックはゲイがつくった〟
という言葉を残しています。ジョージ・ガーシュウィンなどの例を挙げるまでもなく、
アメリカの偉大な音楽家にゲイが多いのは事実です。

世界的に見てもそれは同じで、恋人であった甥に遺作となった交響曲第六番ロ短調
『悲愴』を捧げたチャイコフスキー、当時のスターテノール歌手と生涯を添い遂げた
作曲家ベンジャミン・ブリテンなど、クラシックの主流には欠かせない存在です。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31728
>>2以降へ続く


2 :影の大門軍団φ ★ 2012/02/09(木) 08:33:52.33 ID:???0

作曲家、指揮者、歌手、演奏者すべてにおいてゲイは常に中心的存在なのです」(クラシック音楽評論家ヴァレリー・シャー氏)

文学も多数のゲイが活躍する分野のひとつだ。ゲイ文学を研究する翻訳家の柿沼瑛子氏は語る。
「海外ではちょっと大きな書店に行けば〝GAY〟というジャンルの棚があるくらいにはポピュラーです。
サマセット・モーム、ジャン・ジュネ、ジェームズ・ボールドウィンなど、作家名を挙げ始めればきりがないくらいです」

その他にも画家、俳優、ファッションデザイナーなど、ゲイは芸術的な側面において、非凡な才能を発揮している。なぜなのか。
実は近年、同性愛者と異性愛者の、身体や脳の構造の違いに関する研究が進められている。

『同性愛の謎』(文春新書)の著者である著述家・竹内久美子氏は解説する。

「カナダのブロック大学の研究者たちが、同性愛者813人と、異性愛者3417人、
合わせて4230人を対象に測定を行った結果、同性愛者の方が異性愛者より身長が低く、
体重が軽い、ということがわかりました。

またウエスタンオンタリオ大学の神経学者J・A・Y・ホールらの研究では、男性同性愛者は
男性異性愛者に比べダーツ投げなどの運動が全般的に苦手だという結果が出ました」

つまりゲイには小柄な人が多く、スポーツは得意でない傾向にある、というのである。

睾丸についての調査も興味深い。この調査の前提として知っておくべきことは、
通常、男性は右の睾丸が大きく、女性は左の卵巣が大きい傾向があるということだ。

「カナダの生物学者ドリーン・キムラの研究によれば、右の睾丸が大きい男性は、
計算や空間認識といった本来男性が得意とされる分野に秀でている。

ところが逆に左の睾丸が大きい男性は、言語能力や色分けといった女性が得意とするものに秀でていて、
それも並の女性よりもずっと得意なことが判明したのです」
そう話す竹内氏は、以上のことから、次のような可能性を指摘する。
3 :影の大門軍団φ ★ 2012/02/09(木) 08:34:06.23 ID:???0

「同性愛者の男性は、右の睾丸よりも左のほうが大きい傾向があるんじゃないでしょうか。
そのために男性でありながら、ときに女性顔負けの能力を発揮するのかもしれません。

たとえばメイクアップアーチストやスタイリスト、美容師、華道家などの職業で活躍する男性には
同性愛者が多い印象がありますが、それはこうした背景があるからだと考えられるのです」

それでは頭脳の方はどうか。山元大輔・東北大学大学院生命科学研究科教授は、
男性の同性愛者の脳は、女性に近い部分があるという。

「人間の脳には、通常女性に比べ男性のほうが明らかに大きい、性行動に関係があるとされる性的二型核という部位があります。
アメリカの同性愛教育研究所のサイモン・ルベイという脳解剖学者が脳の組織標本を調べた結果、
この二型核が同性愛者の男性の場合、女性のそれとほぼ同じ大きさだったことがわかりました。
男性の同性愛者は女性に近い脳をしていると言えます」

401 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 10:21:12.99 ID:GnDhxRby0

元記事自体に誤字がある。

『ドリアン・グレイの肖像』で知られる詩人ドリアン・グレイの肖像

『ドリアン・グレイの肖像』で知られる詩人オスカー・ワイルド

56 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 08:45:06.09 ID:zn/+gKCx0

この世界には、実際は同性愛者は相当数いるだろ?
ただ、現代の社会では異端者であり、それをわざわざ公表するメリットはねーし。
いろんな分野で成功している「天才」だから、自分の特殊な性的嗜好を
公表しても社会的に潰されないってだけだろ。
同性愛者に「天才」多いって、都市伝説とかオカルトレベルの馬鹿話だね。
57 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 08:45:15.97 ID:cGsb+SIE0

いつからだろうね?
同性愛者が、はじまったのわ?
原始人にも居たのかな?
74 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 08:49:29.32 ID:yeUoq2yn0

>>57
猿もあるらしいから、いただろな
64 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 08:47:13.02 ID:+WpsrIBu0

>ゲイを含む同性愛者の割合については、人口の1~2%、あるいは4%ともされる。

実際にそれくらいの割合でしか天才にもゲイは発生してないが。
たとえば日本で天才レベルの作家でゲイなのは三島由紀夫だけだろ。
学者なら折口信夫くらい。

圧倒的多数の天才は、別にゲイじゃない。
69 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 08:48:50.94 ID:E+OggPdK0

性癖が偏ってる奴は、一生満たされない何かを背負うのよ。
その満たされない部分を埋めるのに一般人より必死になるから、結果天才が多くなるんだろう

70 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 08:48:53.79 ID:PaB1giLG0

心が女で体力男って芸術家としては最強だと思う。
89 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 08:52:01.27 ID:jBb9kV590

天才は頭が良いから女性の性質と合わないだけだろ。
我儘で、言う事が滅茶苦茶で、およそ理解できない生き物。
99 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 08:55:46.20 ID:NV/DxlGGI

天才は圧倒的に男が多いから芸術的天才ももちろん男が多い。
104 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 08:57:20.32 ID:5RoUZ8wd0

個人的な経験から言わせてもらえば、学歴が低いとか趣味がないとか、
映画や音楽よりテレビを見ているような没個性な男、つまらない男ほど
ノーマルで陳腐なセクロスをすると思った。

106 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 08:58:06.59 ID:jD/tCQMb0

天才でもなければゲイを公言して認められないからです
107 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 08:58:34.72 ID:NPqjSuo+0

何かに秀でた人はそれ以外がまったくダメで
幼い頃から身近にいる同性に憧れと嫉妬をもつ
それが年頃になると性癖に変わるだけ

111 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 08:59:18.20 ID:00lCQ/ux0

ある意味自分を客観的に見てるってことだろう。自分自身の若い肉体に恋い焦がれる。
137 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:07:11.96 ID:a5VuAQmJO

ムーミンの作者もレズをカミングアウトしてたな
138 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:07:16.89 ID:/qQa2t7H0

天才にゲイが多いって女の方が好きな天才のが圧倒的に上だろ?
常識の中で生きてる普通のゲイは社会的に隠さなきゃいけないけど
自分の世界もっててゲイも受け入れられやすい環境だからじゃ?
以前アメドラで、若手のデザイナーがノーマルなのに、
この世界じゃ有利だからって、ゲイのふりしてるシーンがあったな

140 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:07:32.92 ID:SG8/wWBm0

簡単だよ。
ゲイのスポンサーがつかないからだよ。

156 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:09:54.03 ID:AhiejZrgO

天才にはゲイと左利きが多い。やっぱ凡人とは脳の構造がどこか違うんだろうな
160 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:13:01.38 ID:FVVWPt+tP

世界史上のゲイの偉人みたいな話だと日本代表はいつも三島だな
三島以外に有名なゲイっていなかったっけ?
169 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:15:07.85 ID:/qQa2t7H0

>>160
バイは山の様に居る
昔の武将なんてほぼバイだ

210 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:22:49.44 ID:Dc0uFBR50

>>169
織田信長と森蘭丸が有名だな。
むかしは「嗜み」として「両党つかい」が浸透したらしい。(刀持ちが大抵美男子)
個人的には三島もこの流れだと思う。
美輪明宏が言うから誤解さてているけど。
166 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:14:42.38 ID:C1HncOtJ0

武将たち
古すぎるか
199 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:20:42.10 ID:RSnUlM6Q0

>>166
戦場で「処理」の必要性があったからだろうな。
巴御前を連れて行った義仲や、淀を呼び寄せた秀吉もいるが。
213 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:24:18.15 ID:ilGtSrQg0

>>166
武将の場合は、好き嫌いじゃなくて、特別な意味があって
やってたんじゃなかったっけ?なにか力を分けてもらうとか、
儒教で女を近づけられないから仕方なくとかみたいな
222 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:26:42.15 ID:vByKZcN+0

>>213
主従の絆ガッチリかためるためにやってたんだろ
主が従者掘るのはOKだが従者が主掘るのは変態行為
174 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:16:01.20 ID:+MWLjux5O

ゲイはアーティスティックな天才多いなんて何を今更。
その才能の遺伝子を後世に残せないのが残念だな

180 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:17:14.43 ID:6uOgBfhe0

なんで睾丸の左右差があるんだろう
卵巣の左右差があるのは内臓が左右対称でないからわかるんだけど

それに玉の大きさで男性的か女性的がわかるなんて不思議だなー
187 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:18:28.10 ID:xVHCd4DUO

色んな面で型破りなんだろ
専門分野が中途半端だとただの非常識な人だけどな

189 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:18:57.89 ID:/emhXd/I0

戦国武将の多くもゲイだったし、千利休もゲイ。
一点集中型の生活をしていると、脳内ホルモンが過剰になり、
性欲がおかしくなる。
集中の天才にゲイが多いってこと。
192 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:20:02.37 ID:kMOAJuT10

女の同性愛者は?
と思ったけど、そもそも世界に名だたる女の芸術家が少ないのか
女の職業適性ってどんな分野でも浅く広くな感じだよな
615 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 13:18:57.57 ID:OhoL7AIq0

>>192
ここでムーミンの作者、トーベ・ヤンソンは出てこないんだな。
ヤンソンがレズビアンだったことも、日本のメディアは徹底的に隠蔽しようとしてるからね。
恋人と暮らしていたのに、「最後まで一人でひっそりと暮らしていました」と書かれてるからな。
616 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 13:21:29.56 ID:vByKZcN+0

>>615
トーベって男と結婚したのち女と一緒に自分の島に住むようになった
晩年まで一緒だったわけだが肉体関係はあったのかね
女2人で老後まで暮らしてるのって結構あると思うんだが
どこからレズのくくりかわからんな

女ふたりで晩年まで暮らしてるとレズならマリラとリンド夫人もレズになってしまう
638 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 13:42:27.69 ID:OhoL7AIq0

>>616
二人に恋愛関係と肉体関係があったのは親族が証言している。
790 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 21:51:02.12 ID:k0CdXgDA0

>>616
トーベヤンソンは真正レズではないはず、スナフキンの
モデルは若い時の恋人。
204 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:21:55.88 ID:S4UtpaGJ0

男性に女性的な何かが加わると芸術の才能が高まるってことか。

215 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:25:12.99 ID:QaQ68wRoO

ゲイは子孫を残せないので代替物を作る欲求ハンパない
216 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:25:16.28 ID:m1YSq2Hu0

ゲイは好きになる男性がほとんど自分には興味ないことを知って絶望するんで
ヤケクソになって絵かいたり楽器やることに没頭する確率が高い
ってことじゃないですかね
243 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:31:13.77 ID:JSTEGoH60

>>216
全然ちがう。
良くも悪くもナルシストなんだよ。
自分大好きだからこそそれが原動力になる
218 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:25:27.07 ID:kWNtxttN0

>>1
>>「この世には3種類のピアニストがいる。ユダヤとゲイと下手くそだ」

おまえ、思いっきり差別してるじゃないかw
268 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:37:15.07 ID:RFvAimMkO

>>218
ホロヴィッツは「ゲイ」で「ユダヤ」系で、唯一当て嵌まらないのが「下手くそ」。
強いて言えば下手くそ差別をしている。
242 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:31:11.50 ID:SNx3gVqF0

戦国武将やギリシャ哲学者のは少年愛であって、同性愛とはちょいと違う気がする

256 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:35:05.28 ID:c1aI2BmB0

なんか誤解されそうで怖いな
俺のピアノの腕がプロレベルなのは、ゲイだからじゃなくて、女にもてないから
空いた時間を利用して、ピアノの練習ばかりしていたからだ
ベートーベンだって、女にフラれまくって、その湧きあがるパッションを音に転嫁しただろ
263 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:36:23.96 ID:wd7YT1uO0

>>256
おまいは天才ではなく秀才なんだと思う

天才と秀才の間には、どうしようもない越えられない一線がある

267 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:37:02.49 ID:Wwi12Wss0

1.普通の仕事では周りにいじめられるので
完全実力主義でやれるものに自然に集まる

2.一般人で見ても比率は一緒。
ただ彼らはカミングアウトしても支障のない環境にいるから
それをやってるにすぎない
278 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:39:24.79 ID:8nqTMPCV0

俺が疑問なのはゲイの割合とゲイの遭遇率の相違
例えば割合でいえばクラスに3人はゲイがいることになるが
今まででゲイと解かるやつに出会ったことはない・・・
そうなるとその3人は恋愛に関して相当な苦しみをおっているということになる

319 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:50:55.79 ID:Tv0oa43c0

>>278
これがノンケの勘違い。
ゲイだって男なら誰でもいい訳じゃない。
きちんと選り好みするし、タイプじゃなければ自分がゲイ、バイだと明かしたりしない。
つまり、イケメンならゲイとの遭遇率も上がるし、ブサメンはほとんどゲイと出会う事はない。

ゲイは男らしいガチムチが好きとか思ってる人が多いけど、
実はゲイ受けが一番いいのは、ナヨナヨしてない程度の普通体型のさわやかイケメン。
ゲイと言っても男だから、普通の男が美人に弱いのと同じように、
ゲイもそれぞれ嗜好はある中でも単純に美男子に関しては優遇される。
287 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:41:41.65 ID:rsz0Lwhi0

もうね、日本の芸能界は朝から晩までオカマばっかり。
その一方で韓国の男性タレントを王子様のごとく、
崇め奉らせて、日本の男のイメージを徹底的におとしめようと
する戦略。
電通をはじめとする韓国のために働く日本のマスゴミを
徹底的に糾弾しつづけるしかない。

292 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:42:11.45 ID:5OdTAtZ80

マジレスすると
女遊びせず仕事に没頭する天才たちを当時の凡人が揶揄しただけw

「あいつ浮いた話一つもないじゃん」「へへっ ホモじゃね?」
297 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:42:53.75 ID:WJQNIAbN0

ただ単に
「付き合うのなら異性」で思考停止してるからだろ、
普通の人間は。

310 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:48:11.41 ID:sgjz81Sd0

>>297
枠に捕らわれないって大事なんだな

352 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 10:03:35.37 ID:TJ1zeSvf0

>>297
最初から同性を愛すことしか知らない同性愛者は
そこらへんの異性愛者と同じ発想てこととも取れるにゃ
304 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:46:39.70 ID:E4dSzJz30

鬱屈した性欲やエネルギーを持ってるから同性愛者が芸術家や天才になるのか

成功した芸術科や天才は同性愛者であることを公表しやすいのか

後世の野次馬が面白がってあることないこと詮索しているのか

このすべてが正しい気がする
307 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:47:18.62 ID:EED9wKJK0

探究心だよ。
嫁のア●ルもやらないでセクロスレスとか、
男として終わってるよ。

318 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:50:33.75 ID:BTGXKX510

>>307
それも微妙にあるよな
俺も去勢したのはそれが理由だし
性欲のない世界を見つめてみたかったんだよな
おかげで、自分の金玉のサイズが比べられん

325 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:53:19.45 ID:AhiejZrgO

>>318
サラッととんでもない事カミングアウトするなお前w

で、その先に一体どんな世界が見えた?
333 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:57:24.22 ID:BTGXKX510

>>325
思い込みで生きる人たちに合わせるのが辛い部分はあるかな
人間社会は全部記号
本質が見える人は少ないと思う

364 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 10:07:13.21 ID:AhiejZrgO

>>333
でもさー、思うけど闘争本能無くならない?人類の進化の歴史って極端にいえば闘争の歴史だと思うんだよ

闘争本能が性欲の一種だとするなら、女が世代を創り、男が文明を創るという理屈が成り立つと思うんだけど
383 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 10:13:56.22 ID:BTGXKX510

>>364
なくなる
でも副腎でも男性ホルモン作ってるからなんとかなる
どうしても必要なときは注射で補給したらおk

言ってることは大体正しいと思う
性欲はあらゆるバイタリティーとつながってるから、否定はせずに方向を変えて活用すべき

402 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 10:21:19.13 ID:AhiejZrgO

>>383
う~む、いろいろと考えさせられる貴重な話を聞かせてもらったわ。サンクス

暫し物思いに耽ってくるわ
409 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 10:24:34.54 ID:BTGXKX510

>>402
自分で体験するのが一番理解できるんだがなw
とはいえ去勢はそうお奨めはできんか
ただ、ほとんどの人は思い込みとかホルモンバランスとかって言う見えない鎖につながれてることは知っとくといい

309 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:48:10.52 ID:ZkZboKKl0

知り合いのヘアメイクさん(ときどきテレビに出たりする)は、
「今以上に売れるためにはゲイにならなきゃダメかも…。」と言ってた。
本人はストレートなだけに、ちょっと苦悩してた。
「男とは寝れない…。」と。
322 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 09:51:52.36 ID:u5gQQSqg0

繊細だから男の体の美しさにさえ気付くって事だろ
単純にチチと穴をおっかけてるのとはレベルが違うという事

372 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 10:08:53.14 ID:orAzhudv0

ゲイ的天才は遺伝子残せないのがもったいないな
なまじ天才なだけに、作品は遺しても
技術論とか方法論は遺してくれないから
一代限りの特殊技能で終わってしまう
まさに徒花
375 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 10:10:07.02 ID:vcVIXwjW0

DQNでゲイって聞かないような。
387 :う●こ 2012/02/09(木) 10:15:33.16 ID:RfEPfJGU0

信長は完璧ゲイだろ 安土城とかに代表されるハデで奇抜なモノや
格好をこのみ新しモノ好き 常人を超えた発想力
激情的だしな
391 :露メディアエンジョイ 2012/02/09(木) 10:16:44.35 ID:L0Ktd5GK0

くだらない女性関係にエネルギー費やす時間を才能の開花に
使ったからだろ。子孫残す事考えなければ、才能が評価されてから
恋愛(同性異性関係なく)しても十分楽しめるだろ。
406 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 10:22:21.79 ID:NnIkIRYq0

宗教で無理に締め付けてる反動じゃないのかな?
脳医学的に何かあるのかもしれんけど。

431 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 10:38:51.47 ID:iRliBOaK0

メイクアップアーティスト・美容師にゲイが多いのは女の感性もわかるから適任なのよ、
ってハリウッドのゲイのヘアメイクアーティストが言ってた。
ファッション業界もそうなんかねえ
434 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 10:40:21.66 ID:t46TkfiC0

音感と女性ホルモンには密接な関係があるかもしれないね。
実は女性ホルモンは老化とも関係があるらしい。

ソロだと男性ボーカルより女性ボーカルの方が
聞いていて心地いいのは人間の音感がそうなっているからだろう。
ちなみにカルチャークラブのボーカルもゲイだったな。
437 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 10:43:20.38 ID:10PPLPt00

ゲイが多いっていうよりは
好きなものは好きっていう自己の欲求に忠実だから
芸術や学問を極めたり世間に性癖を隠さなかったりするんだろう
そのへんはヲタとも通じるものがある
痛車とかコスプレとか目を見張るクオリティだよなー
478 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 11:04:05.35 ID:wytBO2nGP

息子が3人いるんだが、いま小1の次男だけゲイかオカマっぽい気がする
幼い頃からかわいい服が好きだったり
おもちゃを選ばせても車やロボットには一切興味を示さず
おままごとセットみたいなのとか着せ替え人形なんかを欲しがる
好きな番組もプリキュアとかで、プリキュアの衣装とか欲しがる
オカマならオカマでしょうがねぇなと思ってるから
次男が自己否定しちゃわないように気をつけてるがどうなんだろうね

で、実際ファッションセンスと着こなしは抜群に良い
未熟児だったせいもあって身体は小柄

492 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 11:07:57.46 ID:VYvHbspj0

>>478
本格的に性同一性障害だと将来苦労するかもな
大事にしてやれ
495 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 11:09:05.14 ID:NvYiLE480

>>478
複雑だけれど。とても良いお父さんですね。良い子(精神的に成熟出来るよう)に育ててあげて下さい。
541 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 11:32:02.30 ID:m3zk1TvN0

>>478
芸術関係はマジでゲイが多い
デザイナーとかでノーマルで凡人はたくさんいるが
ゲイだったらたいてい才能がある。
才能伸ばすには周囲の環境が大事なので頑張ってください
512 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 11:16:52.37 ID:2EG9dUYt0

芸術は金かかる。
芸術で生き残るには女のように現実面シビアな感覚がないとやってけないだろうよ。
現実にシビアな部分がないとゴッホみたいに耳を刈ることになる。

518 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 11:19:11.44 ID:ltsnBWkx0

>>1学者ってバカだろ
先入観を持たないからだ
ゴキブリが汚いってのは文化的に与えられた先入観だ
芸術家ってのは先入観を持たずに物を見ることができるから
男女というフィルターをかけて人間を見ることがない
それだけだ
535 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 11:27:26.22 ID:TTARaSw00

いわゆるホモは世襲制への対抗価値なのだ。
封建制の頃は、徒弟制度や養子、小姓といった主従関係が大きな位置を占めていて、
これが血縁制に対する代替思想だった。
つまらない肉親よりも有能な他人に継承する。寵愛というものが合法だった。えこひいきしていい世の中。
これをホモだ贔屓だと嘲弄して貶めたのが、現代の世襲制に胡坐をかいた能無しのゴミども。
575 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 11:58:24.84 ID:lKYe582N0

余計なエネルギーやお金を、女につぎ込まなくていいからだろ。常考。
男同士なら話は早い。

620 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 13:29:28.20 ID:K7e29xLQ0

>>575
それは言えてる
同じ10人の合コンでも
男女だと自分が選ぶ対象が5人しかいないのに対し
ゲイの合コンは9人いるから高確率
さっきまで一人のコを争ったライバル同士でも
できちゃうとか
579 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 12:03:51.14 ID:ivQKOj0jO

スポーツ、特にダンスの世界はゲイばっか
581 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 12:06:09.17 ID:mo4GhhVs0

腐女子ってのもなぜ女が突出して多いんだろう。腐男子ってのもいるんだろうけどさ。
レズ物にこだわって創作活動してる男も世の中にはいるのかもしれないけど極少数っしょ。
俺も実際女同士が絡んでたらきれいだろうなと思うけどそんなものに固執しようと思えない。

あと女ってオカマ好きだよねw男はオナベ別にどうでもいい、、、、、
プロレスやってるようなオナベとかのタレントとかいてもいいはずなのにそれもいない。
これって結局男側からそんな女需要ないってことだよな。
確かにそんなんいても見ようという気が起きない。。
614 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 13:17:51.49 ID:pREBKNeM0

>>581
女は「精神のつながりを重視する」から

精神が体の性別を超越してる。
(創作物の)百合とかホモ好きなのが女に多いのはそのため
男にはどうしても理解しがたいだろうけどね
585 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 12:10:54.46 ID:N3Nr2nXQ0

J-Popにせよ今のアップ系の音楽のリズムはハウスやガラージュの影響も多い
ハウスはニューヨークのゲイクラブ、ウェアハウスでラリー・レヴァンが
ガラージュはシカゴのゲイクラブのパラダイスガラージでフランキーナックルズが生んだ音楽

今の音楽はカウンターカルチャーの黒人文化とゲイカルチャーの賜物だな

ちなみにPerfumeに詩と曲を提供してる中田ヤスタカってゲイなんじゃね
男では書けないような、思いつかないようなメタファーの歌詞を書くね
589 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 12:13:46.45 ID:6xSHfuuZ0

>>1
ソクラテスは周りの慣習に付き合ってるだけのノンケに見える
だから方便として少年愛に理解を示してはいるけれど実際はどうなのかと……
私見ではどの対話篇を読んでも本人が腹の底からそれを望んでいるようには
見えないんだが……
593 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 12:19:11.32 ID:NpW67KUE0

ヘッセの小説の中に、
『年老いた者の知恵と若者の肉体
両者は互いに惹かれあうが、終ぞ出会うことはない』みたいなことを言ってる一節がある

>年嵩の者が年若き者に寄せる偉大なる愛

これが、本当であれば、同性愛こそがまさにそれになるのにな

642 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 13:57:20.93 ID:q2tQh5O70

そりゃまあ ゲイ術っていうくらいだし
654 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 14:23:58.19 ID:uXu/UE+fO

>>642が答w

てかアートって人と違う感性もたないとダメな分野だから同性愛者向きの職業だよ
しかも男性の方が気分のムラがないから繊細な作業を長時間できる
あと音楽もあれって数学に近いから男性向きなんじゃないの
662 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 14:37:00.58 ID:/0LxMJIB0

>>654
俺は音楽はセミプロ(賃金をもらう演奏経験有、作曲した楽曲が公的な場で少し使われている)だけど、
作る側であれば論理的に音楽の構成要素を認識・扱えなければならないが、
表現する際には必ずしも論理的に音楽を理解する必要は無い

うざい性格でマスコミが垂れ流す流行歌しか知らん音楽素人女でも、俺が長年かけて習得した演奏など霞むほど
音楽的に優れた歌を歌ったりする
天才であれば、表現がそのまま作品になるから、男女の性差は無いと思う
天才で無い場合は、男性に分がある

天才であり且つ論理的に作るハイブリッド型を真の天才とするなら、男性に分があるかもしれん
692 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 15:48:23.74 ID:XSssE/yC0

単純に、青春時代が不幸で人よりハングリーに育ち、結婚とかそういう一般人の幸せもないから
仕事や芸術に没頭出来る時間がたっぷりあるってことじゃないかな。
逆に、生まれてからずっと幸せな人生なのに、尚且つ努力家で成功する人ってすごいなと思うよ。
741 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 19:05:10.86 ID:XjOyXkP10

同性が好きでも一緒になることは難しい
一般人として普通に暮らすのも難しい
それで特殊な分野に集中して結果を残すとか、そんな感じじゃないか
心理学用語で代償行動とか
781 :名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 21:00:48.14 ID:3OMCUW3N0

芸術家は孤独なもんらしい。良い作品が出来たからといって次も良いとは限らない。
又そういう苦しみは自分以外誰も分ってくれない。
そんな孤独感や、才能が続かないんじゃないかというような恐怖感等が性癖に現れたりするのは
常人には分らない世界なんだと思う。

コメント